[PR]

 元福井地裁判事で、津市在住の樋口英明さん(66)が4月28日、津市で講演会を開く。福井地裁で判事を務めていた2014年5月、関西電力大飯原子力発電所の運転差し止めを命じ、全国的な脚光を浴びた樋口さんにとって、地元・三重での講演会は初めて。その思いと狙いを聞いた。

 ――各地で講演会を開いています。

 私の判決に対する名古屋高裁金沢支部の控訴審が終わるまでは、訴訟への影響があるかもしれないと考え、何もしゃべることはありませんでした。しかし、高裁支部は18年7月、一審判決を取り消し、住民の請求を棄却する逆転判決を下した。判決が確定したこともあり、原発の危険性を広く知ってもらうためにも、報道機関の取材に応じ、講演活動も始めました。

 ――講演会ではどのようなこと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら