[PR]

 開幕戦の金星は劇薬だったのか――。アジア王者・鹿島アントラーズに勝った大分トリニータだったが、1週間後のホーム開幕戦では「強い副作用」に苦しめられた。サッカーの鉄則である球際の勝負は甘く、最後まで熱量は上がらなかった。J1を代表するチームに勝った自信が過信となった。

 松本山雅との試合を0―1で終えた片野坂知宏監督は「甘さが出た。アウェーで勝ったことで何となくやれる、勝ち点が取れると思ったのかもしれない」と振り返った。

 開幕戦2得点で注目された藤本憲明は「前節のイメージが残っていた。完璧な崩しを求めすぎ、相手を動かして変化を見ることができなかった」。前線で孤立する時間が長く、ボールに触れた回数はごくわずか。チーム唯一のシュートを放った以外はほぼ“消えて”いた。「戦う姿勢が足りなかった」と悔しがった。

 快勝した後は、「勝ってかぶと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも