[PR]

伊藤勇人さん

 21歳で悪性リンパ腫が見つかり、抗がん剤治療などを受けたが2回の再発があって、白血球の型が半分一致した親やきょうだいの血液を移植する「ハプロ移植」を3年半前に受けた。いまも10種類の薬を服用し、ドライアイなどの症状が出ているが、日常生活を送る。苦しかった闘病体験を看護学生や小学生らに語り伝えている。

 整骨院で働き始めた2011年7月、仕事中に意識を失った。X線写真で胸に黒い影が映っていた。抗がん剤治療の副作用はきつかったが、家族が来たときは元気な姿を演じた。12年2月に退院し、以前のようにサッカーやお酒を楽しめた。

 だが4カ月後、血液検査で再発…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら