[PR]

(悩みのるつぼ) 相談者

 60代の女性です。先日、最愛の母が他界しました。病院から危篤の連絡を受け、すぐにタクシーで駆けつけました。すでに母から反応がなく、主治医は私と父が到着してからすぐに病室に現れ、その時刻で死亡確認を告げました。ただ、本当に私たちが母の臨終に間に合ったのか疑問です。

 主治医からは1カ月ほど前に「ここ1週間が山場」と言われていましたが、母は頑張ってくれました。私たちも、独りで逝かせることが絶対ないよう通っていたのです。病院から「何かあれば早い段階で必ず連絡する」と言われており、こんな事態は想像もしませんでした。

 看護師さんは早い段階で「家族に連絡をするべきでは」と提案してくれたそうですが、主治医は「必要ない」と言った、とも耳にしました。その後、私たちがあいさつに行くと主治医は「状態について、報告を受けていなかった」というようなことを言い、その言葉が脳裏から離れません。

 なぜもっと早く連絡してくれなかったのか。もちろん、いずれ母が死にゆくことは覚悟していましたが、こんな結末になり、混乱しています。母はどのような思いで逝ったのか。そして残された私たちは今後、どういう思いで生きてゆけばいいのでしょうか。もし可能であれば、美輪明宏さんのご意見をお願いします。

回答者 歌手・俳優 美輪明宏さん

 人の死に目に立ち会えるかどう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら