[PR]

 自分の手で作れるものは自分で作りたい。そんな思いから、大和葛城山のふもとの大阪府河南町下河内地区に2018年4月、糀(こうじ)やみそを手作りする工房「下河内(しもかわち)糀屋」を開いた。

 大学を卒業した04年、就職したのは大手食品メーカー。中高時代は千早赤阪村や河南町で過ごし、「都会で働くサラリーマン」にあこがれた。有機農業をしていた母の影響で小さい頃から食に関心もあり、進んだ道だった。

 だが想像とは全く違った生活が待っていた。営業の仕事では生産者や消費者の顔が見えないまま成果を求められた。連日夜遅くまで働き、帰りに買った弁当を家で食べる日々が続いた。「食卓を提案する仕事なのに、自分で食事を作ることもできない。仕事で食べ物を扱っている実感もない。何のために働いてるんやろう」。疑問がふくらみ、4年で退職した。

 08年、バックパッカーとして…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら