[PR]

 ギリシャ北部のテッサロニキで昨年末、地下鉄の開通式典が開かれた。チプラス首相が駆けつけ「地下鉄で近代都市になった」とアピール。だが路線は完成しておらず、車両もない。同国メディアは「世界初、車両のない開通式」「駅構内のエスカレーターが開通したのか」と報じた。

 2006年に始まった建設工事は、経済危機でたびたび延期された。さらに、遺跡が見つかるたびに工事はストップ。テッサロニキはアレクサンドロス大王の時代から栄えた歴史があり、ビザンツ時代の教会もあちこちにある。トンネルを掘ればこうなるのは当然ではあるが、開業は20年の予定だという。

 チプラス氏は経済復興をアピールしたかったのかもしれないが、貴重な遺産の発掘者として名を残してはどうだろうか。

 イタリアのローマで昨年開通し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース