[PR]

 バンに乗って現れたのは、杖をついたおじいさんだった。

 スペースシャトルが約8年前に引退して以来となる、有人宇宙飛行を目指す米国。民間企業スペースXが開発した宇宙船の無人試験飛行取材のため、フロリダ州の米航空宇宙局(NASA)ケネディ宇宙センターを訪れたときのことだ。

 外国メディアはエスコートなしで自由に施設内を行き来できない。午前2時49分の打ち上げを前に、深夜0時の集合場所まで迎えに来たのが、おじいさんだった。遅くに大変だな、と内心同情していた。

 彼の声を聞いた他社のカメラマ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース