1990年代に大ヒットした米テレビドラマ「ビバリーヒルズ高校(青春)白書」のディラン・マッケイ役で知られる俳優のルーク・ペリーさんが4日、米カリフォルニア州の病院で死去した。52歳だった。AFP通信によると、先週、重い脳卒中で米カリフォルニア州の病院に搬送されていた。

 ドラマは米西海岸を舞台に若者の恋愛模様のほか、麻薬などの社会問題も取り上げ、日本など米国外でも人気となった。ペリーさんは酒や薬物におぼれる影のある役を好演していた。(中川仁樹)