[PR]

 大阪府豊中市庄内栄町2丁目の市立島田小学校で5日、6年生31人が描いた巨大壁画が全校児童に披露された。ピカソの代表作「ゲルニカ」とほぼ同じ大きさのキャンバスに、平和の願いを込めた絵を描く国際プロジェクト「キッズゲルニカ」に参加し、縦3・9メートル、横7・6メートルの大作を仕上げた。20日の卒業式でも飾られる。

 実行委員7人が昨年9~10月にデザインを決め、31人が2月末までかけて色づけした。平和への願いを込め、世界中の子どもたちによって黒い鳥が白い鳥に変わって羽ばたいている。実行委員長の嘉数(かかず)銀太さんは「グラデーションと配色が難しかった。一人ひとりが描いた白い鳥と国旗にみんなの思いがこもっています」と話した。(永井啓吾)