[PR]

 菅義偉官房長官が自身の記者会見をめぐり特定記者の取材を拒否する発言を続けている。「あなたに答える必要はない」「取材じゃない。決め打ち」といった発言だ。意に沿わない特定記者の質問を受け付けない言動は、政府にとって都合の悪い質問には答えないという運用につながりかねない。国会でも批判を浴びている。

拒否の対象「あなた」

 官房長官は原則として平日に2回、会見を開いている。閣議決定した事柄や政府の方針を説明したり、記者の質問に答えたりする政府のスポークスマンとしての重要な場だ。ところが昨年末、官邸は記者会見での東京新聞記者の質問に関する文書を出した。

 2月26日午後の記者会見では…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら