[PR]

 山梨県内公立高校の全日制後期と定時制の入学試験が5日にあり、独自入試の北杜市立甲陵高校も含め、計4344人が受験した。

 県立高校と甲府市立甲府商業高校は、後期募集定員3957人に対して、4117人が受験。平均倍率は1・04倍(前年1・06倍)だった。定時制は570人の募集定員に対して184人が受験し、平均倍率は0・32倍(前年0・28倍)だった。インフルエンザなどの理由で欠席した受験生の追試は9日にあり、全日制の5人が対象となる予定。いずれも13日に合格発表がある。

 県教育委員会によると、各教科平均点は50~60点を想定して出題。難易度の高い問題への考察時間を確保できるように、出題数、選択・記述、計算問題などのバランスも考慮した。

 教科別では、国語は「水にまつ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら