[PR]

 京都市西京区の市立芸術大のJR京都駅(同市下京区)東側への移転事業に使ってほしいと、市内の一企業が市に10億円を寄付したと、同市が朝日新聞の取材に明らかにした。市は企業の意向により社名を明らかにしていない。寄付金はすべて移転事業費に充てるという。

 市行財政局総務課によると、寄付を受けたのは1月18日。この企業は文化や芸術への関心が高く、「京都駅東側が文化のまちとして活性化するよう応援したい」と申し出たという。

 移転の事業費は約250億円。うち約190億円は市債、約60億円を一般財源でまかなう。2020年度に着工し、23年度の移転を見込んでいる。

 同課の担当者は「これほど多額の寄付は珍しい。大変ありがたい」と話している。市は企業や個人に寄付を呼びかけ、昨年4月以降に市内の電子機器メーカーから100万円、ほかに延べ21人からふるさと納税で計110万円が集まっていた。(本多由佳)