河野外相、4月中旬に訪中へ 北朝鮮情勢など議論

有料会員記事

鬼原民幸
[PR]

 河野太郎外相が4月中旬、中国を訪問する方向で調整していることがわかった。王毅(ワンイー)国務委員兼外相と会談し、北朝鮮情勢などについて議論する。習近平(シーチンピン)国家主席の訪日に向け、事前に双方の考え方をすりあわせる狙いもある。河野氏は滞在中、王氏と共に経済協力について話し合う「日中ハイレベル経済対話」にも出席する方針だ。

 また、昨年10月に安倍晋三首相が訪中した際、李克強(リーコーチアン)首相と合意した「日中イノベーション協力対話」の初会合が3月下旬に北京で開かれることもわかった。外務省経済産業省の次官級と、中国商務省と国家発展改革委員会の幹部らがAI(人工知能)など先端技術の連携について協議する。

 「日中ハイレベル経済対話」…

この記事は有料会員記事です。残り325文字有料会員になると続きをお読みいただけます。