[PR]

 24時間営業の原則見直しを求め、セブン―イレブンの店主らでつくる団体が6日、セブンの本部に団体交渉を改めて要求し、拒まれた。人手不足に悩むコンビニの店主たちに団交は認められないのか。中央労働委員会が近く示すとみられる判断が、注目される。

 セブンなどの店主らでつくる「コンビニ加盟店ユニオン」が団体交渉を要求したのは、24時間営業の原則や、本部と加盟店の利益配分など人手不足に関わる課題の解決をめざすためだ。

 24時間営業をめぐる大阪府東大阪市のフランチャイズ(FC)店と本部の対立が表面化して以降、団交の要求は2度目。「加盟店の多くは零細商店」(酒井孝典執行委員長)であり、個別だと交渉力が弱いと考える。

 これに対し、セブン本部は団体…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら