[PR]

 たとえば、「映画ドラえもん」の第1作「のび太の恐竜」のピー助のモデルになった首長竜のフタバスズキリュウ。1968年、福島県の双葉層群という白亜紀の地層から、高校生だった鈴木直(ただし)さんによって発見された化石は、東京・上野の国立科学博物館(科博)に行けば実物に会える。

 たとえば、東京・渋谷駅前で、亡くなった飼い主を待ち続け、忠犬として銅像になった秋田犬のハチ。その剝製(はくせい)も科博で展示されている。

 たとえば、宇宙飛行士若田光一さんが96年、スペースシャトルに初搭乗し、ロボットアームを操作して回収に成功した日本の再利用型宇宙船「宇宙実験・観測フリーフライヤ」。これも科博にある。

 日本館が地上3階、地下1階。地球館が地上3階、地下3階。広大な展示スペースを回っていると、あれもこれも本物ばかりで、感嘆の声を上げっぱなしになる。

 恐竜はレプリカも多い。しかし、地球館1階の「地球史ナビゲーター」で展示されているアロサウルスは頭部以外がほぼ実物化石。64年、日本初の恐竜骨格として科博で公開された。地下1階に居並ぶ恐竜群でも、一番巨大なアパトサウルスや、ゴジラの背びれのモデルになったステゴサウルスは実物を含む。

 「全身骨格の実物化石は日本では大変貴重。見逃さないで下さい」と、標本資料センター長の真鍋真さん(59)。

 今年は「恐竜ルネサンス」の契…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら