[PR]

 イッセイ・ミヤケを身にまとい、ときに現代思想を援用しながら建築を語る――。建築界のノーベル賞とされるプリツカー建築賞に決まった磯崎新さん(87)はそんな姿で、華麗な現代建築家のイメージを定着させた。その実績と存在感から、「まだもらっていなかったのか」「遅すぎる」といった声が上がっている。

 早くから頭角を現し、東京大建築学科で丹下健三さんに師事していたころは、同世代の槇文彦さん、黒川紀章さんとともに、三羽ガラスのように注目された。同時に、赤瀬川原平さん、荒川修作さんら前衛芸術家とも親交を持ち、反体制的、前衛的な志向を確立した。

 30代で故郷・大分の県立図書…

この記事は有料会員記事です。残り1127文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1127文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1127文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!