爆弾が落ちた村を歩く「どこにテロリストがいるんだい」

有料記事

ジャバ=乗京真知
[PR]

 インドとパキスタンが2月下旬、領有権を争うカシミール地方の停戦ライン(実効支配線)を挟んで空爆や空中戦を繰り広げた問題で、インド軍機が空爆したパキスタン北部の現場に5日、記者が入った。現場近くにはインド側が主張するイスラム武装組織に関連するとみられる施設があり、空爆はこの施設を狙った可能性がある。

 インド側は2月26日に空爆した地点を、首都イスラマバードの北約100キロのバラコット地区としていたが、着弾地点は近接するジャバ地区にあった。

 地元の人に尋ねながら現場を捜し、松林に覆われた斜面を登ると、直径10メートルほどの穴が二つ、山腹をえぐっていた。

 「飛行機のごう音で目が覚め…

この記事は有料記事です。残り700文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。