[PR]

 大阪府豊中市と大阪音楽大学は9、10両日、オリジナルミュージカル「ガラスの戦士」を豊中市庄内幸町1丁目の大阪音大「ザ・カレッジ・オペラハウス」で上演する。大阪音大は豊中発のオリジナル作品を2012年から毎年制作し、市が15年から協力している。

 今回はファンタジー作品。両親を亡くし、病気の妹と暮らすガラス細工職人のトムが、花瓶から抜け出た妖精パックに、妹の病気が「闇の女王」によるものと教えられる。トムとパックは、病を治す「魂の水」を手に入れるため、闇の女王に立ち向かう。

 短期大学部ミュージカル・コース教授の羽鳥三実広(みちひろ)さん(64)が脚本・作詞・演出を担当し、同コースの学生らが出演する。

 上演は9日午後1時と5時半、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら