[PR]

 TBS系「月曜名作劇場」(月曜午後8時)が3月いっぱいで終わることになった。かつて各局が競うように流し、根強い人気のあった2時間ドラマのレギュラー放送枠が地上波からなくなる。週に8枠もあった時代も今や昔。なぜ消えるのか。

 「地上波では一定の役割を終えた」。5日に開かれた春の改編説明会で、TBSの石丸彰彦・編成部企画総括はこう説明した。月曜名作劇場は、名称を変えながら1989年から30年続いてきた歴史のある放送枠。ミステリーや刑事ものが定番で、「十津川警部」や「浅見光彦」など多くの人気シリーズがある。

 だが近年は「ずっと『いつやめるのか』という話をしていた」とTBS幹部は明かす。視聴率はさほど良いわけではなく、今年に入ってからの視聴率はすべて1ケタ台。そのわりに連続ドラマほどではないが制作費は安くない。

 制作会社で2時間ドラマを作った経験のあるプロデューサーは「どんなに安くしようと頑張っても、1話で4千万~5千万円はかかる。バラエティーとはケタ違いに高い上、視聴者に中高年層が多いので、若者に訴求したいテレビ局やスポンサー受けも決して良いわけではない」という。BSチャンネルに再放送枠もあることから、恒常的な新作の放送はやめることにしたとTBSは説明する。

 かつて2時間ドラマにも黄金時…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら