[PR]

 「食欲がない」「吐き気がする」「飲み込むのがつらい」――。がん患者の多くが闘病中に直面する食事の悩みを助けようと、様々な悩みに応じた料理を紹介する無料のレシピサイトがある。松山市の門間寛修さん(35)が運営する「カマエイド」(https://kama-aid.com/別ウインドウで開きます)。2018年に本格稼働してから1年、掲載レシピは1千を超える。

 がん患者の多くは、抗がん剤治療の副作用などによって、味覚の変化や食欲不振、吐き気や口内炎などの悩みを抱える。門間さん自身も、がん患者の家族として姉の闘病生活を目にしたことが、サイト開設のきっかけになったという。

 「家族なのに『自分は何もできない』という無力感があった」。姉の力になろうと模索する中で、自分にもできるとたどり着いたのが食事のサポートだった。「味を感じにくい」と訴える姉のために、妻と2人でどんなものが食べやすいか試行錯誤しているうちに、「がん患者のサポートのために、レシピサイトがあってもいいのでは」と感じたという。

 2016年1月、サイトを立ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら