[PR]

 サッカーの国際親善試合キリンチャレンジカップで、日本代表はコロンビア代表(22日、日産スタジアム)、ボリビア代表(26日、ノエビアスタジアム神戸)をそれぞれ迎え撃つ。強豪がそろう南米勢との対戦は、チームづくりを進める日本にとって貴重な機会となる。

得るもの多い、レッスンの場

 日本代表の歴史をたどると、南米勢との対戦は苦しくも、得るものの多いレッスンの場となってきた。

 ワールドカップ(W杯)での対戦成績は1勝3敗1分け(1分けはPK戦負け)。初出場した1998年フランス大会では1次リーグ初戦でアルゼンチンから洗礼を受けた。

 スコアは0―1だったが、点差以上に大きな力量差を思い知らされた。失点のリスクを避けた、すきのない試合運びに日本のチャンスは限られた。

 2010年南アフリカ大会で立ちはだかったのはパラグアイ。8強入りがかかった一戦は、神経と体力をすり減らすタフな展開。相手が見せたのは、球際の強さと一丸となった組織的な守り。延長を含めた120分を終えて、0―0。日本はPK戦の末に力尽きた。

 このほか、06年ドイツ大会のブラジル戦は玉田圭司のシュートで先制したが、その後は防戦一方。14年ブラジル大会のコロンビアにも完敗。いずれも相手に試合をコントロールされた。

 南米勢に初めて勝った18年ロシア大会のコロンビア戦も、退場者を出した相手に粘られ、楽な試合ではなかった。試合運びのつたなさを示した。

 敵地での国際親善試合であっても、南米のチームは最後まで敢闘精神を発揮する。欧州では昨年から大会が新設されたため、欧州勢とのマッチメイクは難しくなった。力のある南米勢との試合は極めて貴重な機会だ。6月にはブラジルで開幕する南米選手権に日本が参加する。1次リーグでは2連覇中のチリ、ウルグアイ、エクアドルとのしびれる戦いが待っている。

南米サッカーの特徴、強さとは。記事後半では、パラグアイとブラジルのクラブでプレーした経験がある元日本代表の広山望さんに聞きました。

■森保Jはチームづくり…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら