投資詐欺事件の広告塔「キング」 人を虜、スターの素顔

有料会員記事

[PR]

 架空の投資話で約460億円を集めたとされる投資関連会社「テキシアジャパンホールディングス」(千葉市中央区)の詐欺事件。多額の投資を呼び込む“鍵”は何だったのか。「KING(キング)」と名乗って広告塔を担った銅子(どうこ)正人容疑者(41)=詐欺容疑で逮捕=の人物像とともに探った。

 昨年9月の週末の夜。長崎市の繁華街の中心にあるホテルの前に、銅子容疑者の姿があった。ホテルの最上階では、テキシア社に関連する組織の会合が開かれていた。

 浅黒い肌に映える白いTシャツを着て、黒いパンツに鮮やかなオレンジ色のスニーカー姿。ひときわ目立つ装いの銅子容疑者は、ホテルの外で待っていた参加者の中年女性らに謝意を伝え、抱擁を交わした。女性らは歓喜の声を上げ、「スター」さながらの光景だった。

 銅子容疑者は、歌手や宮司と…

この記事は有料会員記事です。残り1075文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら