[PR]

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件で、千葉地検は6日、父親の勇一郎容疑者(41)を傷害致死と傷害の罪で起訴し、発表した。虐待と死亡に因果関係があると判断した。母親のなぎさ容疑者(32)も傷害の幇助(ほうじょ)の罪で起訴した。認否は明らかにしていない。

 起訴状などによると、勇一郎容疑者は1月22日午後10時~24日午後11時8分ごろ、自宅で心愛さんに食事を与えず、長時間立たせたり肌着姿で暖房のない浴室に放置したりして十分な睡眠を取らせなかった。24日昼には浴室で「5秒以内に服を脱げ。5、4、3、2、1」などと指示し、ボウルとシャワーで頭や体に冷水を浴びせた。

 さらに夕方、リビングでうつぶせにさせた心愛さんの背中に座り、両足をつかんで体を反らせた。夜には寝室に入ろうとした心愛さんに「なんでいるの。ダメだから。ちょっと来い」などと言って再び浴室に連れ込み、シャワーで顔面に冷水を浴びせ続けるなどの暴行を加えた。

 こうした一連の行為で心愛さんを飢餓と強度のストレス状態に陥らせるなどし、ショックまたは致死性不整脈、溺(でき)水により死亡させたとされる。

 一方、なぎさ容疑者は一連の暴行を制止せずに放置したほか、指示を受けて食事を与えないことなどで勇一郎容疑者の犯行を手助けしたとされる。地検によると、心愛さんを最終的に死に至らせた24日夜の暴行については関与が認定できないため、傷害幇助の罪としたという。

 地検はまた、勇一郎容疑者を昨…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら