[PR]

 岐阜県池田町の集合住宅の一室で昨年8月、同町上田の社会保険労務士、荒井一良さん(当時44)の遺体が見つかった事件で、愛知・岐阜両県警の合同捜査本部が13日、幕田達也容疑者(50)=逮捕容疑で逮捕=を荒井さんへの殺人容疑で再逮捕したことが、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、幕田容疑者は昨年8月中旬、池田町の集合住宅の一室で、荒井さんの首を絞め、殺害した疑いがある。荒井さんは部屋の中央に下着姿で倒れていた。

 荒井さんの遺体が見つかったのは昨年8月21日夕。同日朝には、この部屋の借り主で住所・職業不詳の原雄太さん(当時30)が、愛知県あま市下萱津のマンションの一室で死亡しているのが見つかった。逮捕された幕田容疑者はあま市のマンションの住人で、原さんの死亡を110番通報していた。

 捜査本部や捜査関係者によると、3人は知人で、事業を立ち上げる準備をしていたという。あま市のマンションの部屋からは、原さんが書き残したとみられる遺書めいた文章が見つかり、内容から3人の間でトラブルがあったとみられていた。

 捜査本部は2月、幕田容疑者を荒井さんへの逮捕容疑で逮捕。取り調べのなかで、幕田容疑者は荒井さんの殺害についてほのめかす供述をしていた。