[PR]

 東京都教育委員会は6日、2019年度の都立高校一般入試の2次・後期募集の応募状況を発表した。日比谷(千代田区)は5人の募集に対し、171人が出願し、倍率は34・2倍になった。

 都教委によると、同校が2次募集をするのは現行制度が始まった1994年度以降で初めて。合格しても入学を辞退する受験生が多く、定員を下回ったためという。全日制全体では62校の募集人員1443人に対して1151人が出願し、倍率は0・8倍だった。7日に取り下げ、8日に再提出期間があり、学力検査は11日にある。