[PR]

 あと約500日で、再びオリンピックが東京にやってくる。栄光を勝ち取った選手がいれば、負けて涙した選手もいる。裏方として力を尽くした人がいれば、まさに今、2020年に向けて走っている人もいる。五輪にまつわる様々な人や場所を、記者が訪ねます。

「おれについてこい」言われなかった

 平均視聴率66・8%。

 日本のスポーツ中継史上、最も高い数字をたたきだした試合は、野球でもサッカーでもない。

 初めてアジアが舞台となったオリンピック、1964年東京五輪で、バレーボールの全日本女子が金メダルを決めたソ連との一戦だ。

 15日間の大会も大詰め。翌日に閉会式を控えた10月23日夜だった。場所は駒沢屋内球技場。選手たちは、重圧と闘っていた。

 「3日ほど前から食事が思うようにのどを通らなくなっていました」。こう明かすのは、エースアタッカーだった谷田絹子(79)=現姓・井戸川=だ。

 同じ日、バレーボールと同じく東京大会で初採用された柔道で、無差別級の神永昭夫がアントン・ヘーシンク(オランダ)に決勝で敗れた。最後の練習を終え、宿舎で食事をとりながら見ていたテレビ画面に、その光景は映し出された。

■当時の選手が語っ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら