[PR]

 長崎県佐世保市江迎町長坂の商店街を中心に、春恒例の「肥前えむかえ繭玉まつり」が開かれている。今月末まで、カラフルな繭玉が店先などを彩っている。

 繭玉は元々、小正月の飾り物。まつりでは、発泡スチロールに布をはった繭玉をつるしたり、柳の枝につけたりして飾っている。

 寿福寺の旧本堂には、ひな人形とたくさんの繭玉を飾っている。18日までの正午から午後4時までの間、無料で公開。同寺は「たくさんの人に見てもらい、春を感じてほしい」。(福岡泰雄)