[PR]

 結婚して子どもが生まれたら、妻が仕事をセーブする。夫が転勤したら、妻が仕事をやめてついていく。そんな日本社会の「当たり前」の壁に、働く女性たちがぶつかっている。「女性活躍」を進めるなら、まずはこの壁を取り払おう。きょうは国際女性デー。

 千葉大医学部付属病院の三澤園子准教授(脳神経内科学)は、小学3年と3歳の子を育てる。昨年まで医局長を務めていた。医師の夫も保育園の送り迎えなどをするが、家事、育児は基本的には三澤さんが担う。

 昨年3月、大学内であった勉強会で女性活躍が進んでいない現状について、こう語った。「30代から50代医師の労働力は、男性を1・0とすると女性は0・8と見なされています」

 この数字は2016年6月、厚…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら