拡大する写真・図版 見頃を迎えた亀戸天神社の梅=2019年3月7日午前、東京都江東区、池田良撮影

[PR]

 学問の神様で知られる菅原道真公をまつる亀戸天神社(東京都江東区)で、梅が見頃を迎え春の訪れを告げている。境内には50種300を超える紅白の梅の木があり、甘い香りに包まれている。見頃は今月上旬まで。10日まで「亀戸天神 梅まつり」が開かれている。(池田良)