[PR]

 世界第2位の面積があるカナダは、中国にとっては「小国」?――。カナダ司法省が、中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟(モウワンチョウ)・副会長兼最高財務責任者(CFO)の米国への身柄の引き渡しに向けた審理手続きを始めたことで、中国はさらに反発を強めています。5日にはカナダ産菜種(キャノーラ)の輸出許可が中国の税関当局に取り消されました。カナダは米国の求めに応じて孟氏を逮捕したのですが、カナダがとばっちりを受けるような構図が続いています。

 「中国のとったやり方に、我々はとても懸念している」

 カナダのトルドー首相は4日、中国で拘束された休職中のカナダ外交官ら2人が中国の国家機密を盗んでいたと、中国の国営メディアなどが報じたことを受けてこう語りました。中国でスパイ行為をしていたとする情報がこのタイミングで流れたためです。

 ファーウェイの孟副会長が、米国の要請に応じてカナダ当局に逮捕されたのが昨年12月1日。その少し後に、このカナダ人2人が中国当局に拘束され、報復ではないかとの見方が広がりました。また今年1月には、中国東北部の遼寧省の裁判所で麻薬密輸の罪に問われた別のカナダ人に死刑判決が下されました。一度は懲役15年の判決が出ていたのに、上級審に差し戻され、すぐに極刑判決が出たことが不自然との受け止めがあります。

 そして、カナダ司法省が今月1…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら