[PR]

 「子ども食堂」を拠点にしたつながりが広がりをみせている。大学生らが子どもの話し相手になったり、郵便局が無料の食材を集めたり。地域の支え合いが芽吹き始めた。

勉強も遊びも 学生と交流

 5日午後6時、JR鳥取駅前(鳥取市)の「すなば珈琲(コーヒー)」に子どもや保護者が続々と訪れた。10分ほどで満員に。市内で子ども食堂を運営する市地域食堂ネットワークなどが開く「駅前すなばこども食堂」だ。毎週火、木曜日、閉店の午後6時から場所を借りて開いている。子どもたちの横には大学生や専門学校生5人も座り、一緒に宿題を解いたり漫画を読んだりして思い思いに過ごした。

 学生たちは2月、「こども食堂…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら