[PR]

 高性能爆薬を製造したなどとして、爆発物取締罰則違反など七つの罪に問われている元大学生の少年(19)の公判が7日、名古屋地裁であり、検察側は懲役3年以上6年以下の不定期刑を求刑した。弁護側は保護処分を求め、結審した。判決の言い渡しは25日。

 検察側は論告で「爆発物や拳銃、覚醒剤を次々と製造・所持した極めて特異な犯行」と指摘。実際に繰り返し爆発物の燃焼実験をしていたことから「犯情も悪質で刑事責任は重大」とした。弁護側が求める保護処分については、少年の生活態度に問題がないことなどから「効果は限定的」と必要性を否定した。

 弁護側は最終弁論で、爆発物の燃焼は雨の日に行ったなどとし、「人に危害を加える意図はなく、重大な被害も発生していない」とした。犯行は本人の未熟さによるものだったなどとして「刑務所ではなく、個別具体的な教育を行う少年院が相当だ」と主張した。

 元大学生は最終陳述で「(犯行を)止める力が足りなかった。先のことを見ていなかった」と述べた。

 元大学生は2016年12月~18年8月、自宅で高性能爆薬の過酸化アセトンなどを製造・所持し、燃焼させたほか、3Dプリンターなどで銃を製造・所持したり、覚醒剤を作ったりしたとして起訴されている。