[PR]

 天皇陛下の在位30年を祝う記念式典が7日、静岡市葵区の市民文化会館であり、自治体首長や県議、商工会議所関係者ら約2千人が参加した。

 式典で祝辞を述べた川勝平太知事は、1946年以降、天皇陛下が皇太子時代をふくめて計60回にわたって静岡県内を訪問したと紹介。「福祉や文化などの施設をご視察たまわり、多くの県民がふれあいを深めることができた」と語った。

 昨年11月に天皇皇后両陛下が訪問した浜松市楽器博物館の嶋和彦館長は、モンゴルの馬頭琴やチベットのホラ貝を見た天皇陛下から「どうして馬の頭が付いているのですか」「この貝は何でしょうね」などと尋ねられたエピソードに触れ、アジアの楽器を見たご夫妻の「これはベトナムで見ましたね」「そうだったね」との会話も紹介した。

 後半の祝賀公演では、バイオリ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら