[PR]

 伊勢茶の産地、三重県四日市市水沢町にある「安田製茶」で7日、ハウス栽培の新茶の初摘みがあった。露地栽培より2カ月ほど早いという。

 「日本で一番早い」茶摘みで伊勢茶をPRしようと25年前に始めた。昨年12月末からハウスに入れて、室内を10度以下に下がらないように育ててきた。この地域で有名な「かぶせ茶」にするため、20日前から日光が当たらないように覆いを掛けている。

 茶葉は鮮やかな緑色をしていて、地元農家の女性たちが手摘みで20キロを収穫した。乾燥などの加工後は4キロになり、伊勢神宮などに奉納したり、関係者に配ったりするという。

 代表の安田長功さん(53)は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら