[PR]

 富士山の登山者が原則1千円を任意で支払う富士山保全協力金(入山料)について、山梨、静岡両県は5合目から先に立ち入るすべての人から徴収する方針を決めた。これまで「5合目から山頂を目指す登山者」としていた対象を明確にし、徴収率を上げる狙いがある。任意で支払う点に変更はない。

 両県や周辺住民の代表らでつくる協議会の作業部会が6日、静岡県富士市であり、両県が協力金の「制度骨子」の一部改正案として示した。19日に開かれる富士山世界文化遺産協議会で正式決定し、今夏から適用される見通しだ。

 山梨県側は吉田口の泉ケ滝に「基準点」を設け、それより先に行く人に協力を呼びかける。静岡県側は富士宮口の5合目環境省トイレ、御殿場口の大石茶屋、須走口の古御岳神社が基準点になる。

 協力金の対象はこれまで、リュ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら