[PR]

 自分に挑戦したい――。陸上長距離界のホープ、広中璃梨佳(りりか)さん(18)が長崎商業高校を卒業し、東京の実業団チームに活動の場を移す。新しい門出を前に6日、地元の大村市役所を表敬訪問し、意気込みを語った。

 広中さんが本格的に陸上を始めたのは、大村市立桜が原中学に入学後。元陸上長距離選手の母親と走っていたという。3年で出場した全国都道府県対抗女子駅伝で区間賞を獲得。長崎商業高校に進むと、国際大会でも上位入賞を果たした。昨年12月の全国高校駅伝では1区で区間賞。今月8日、日本郵政グループ女子陸上部(東京都小金井市)に入部した。

 広中さんは6日、大村市役所での取材に「大村は自分の原点。色々な方々に支えていただいて、今の自分の走りがある」と話した。

 これまでで一番心に残る試合は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら