[PR]

 パナソニックは創業101年を迎えた7日から、平成の時代に販売された家電を紹介する企画展をパナソニックミュージアム(大阪府門真市)で始めている。平成を彩った家電の変化などを楽しめる。入場無料で4月20日まで(日曜休館)。

 「THE“平成KADEN”展」は、平成時代の家電を中心に約80点を集めた。平成初期と後期の製品を比較するコーナーでは、初期当時の携帯電話が普及してなかった頃にスキー場のゲレンデで使われていたトランシーバーなども見ることができる。

 女性の社会進出や超高齢社会など、平成を象徴する五つのテーマで同社の取り組みも紹介。家事負担を軽減する食洗機や、高齢者でも使いやすい洗濯機などが展示されている。通常時の開館時間は午前9時~午後5時。(岩沢志気)