[PR]

シリコンバレーを生きる

 シリコンバレーで年に1度、日米を結ぶイベント「スタンフォード・シリコンバレー・ニュー・ジャパン・サミット」が開かれる。昨年は日本企業150社、シリコンバレー企業85社が参加。参加者は、日本から出張した約200人を含む約600人に上った。シリコンバレーで日米のビジネスを結ぶイベントとしては最大規模だ。日米の企業の出会いの場を提供し、日本企業がシリコンバレーでつきあたる様々な問題を共有する。サミットを立ち上げたのは、スタンフォード大研究員の櫛田健児さん(40)だ。

 櫛田さんは日本人の父と米国人の母のもと、日本で育った。大学から米国に渡り、スタンフォード大経済学部を卒業後、カリフォルニア大バークリー校で政治学の博士号を取得。スタンフォード大に戻り、技術革新と政治経済制度との関係やその力学を研究してきた。例えば、優れた技術でも、なぜ世界に浸透するものとしないものとがあるのか。それを分析するのが研究テーマだ。

 シリコンバレーの中心にあるスタンフォード大にいると、シリコンバレーで日本の存在感はまだまだ薄く、駐在員を置いても思うように成果を出せない企業が少ないことに気づいた。シリコンバレーにいる日本人同士が知り合うコミュニティーがないという問題もあった。

 二つの言語、二つの文化の中で生きることの良さも難しさも、自ら経験してきた。「自分の経験と知識を生かせないだろうか」。そう考えた。

 2014年、シリコンバレーにいる日本の起業家や日本企業の駐在員などを中心に、それぞれの会社がどのような経験をしているのかを語りあい、ネットワークを広げる公開フォーラムを始めた。40人程度で始まった会合は次第に大きくなり、毎月開いている。16年からは年に1度の大きなサミットも開催している。

 では、日本企業がシリコンバレーでよく直面する問題や解決策とはどんなものなのか。いくつかの例を語ってもらった。

■目的見えない駐在…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら