「サルみたいやな」 中学男子バスケ部顧問が生徒に暴言

[PR]

 神戸市灘区の市立中学の50代の男性教諭が、顧問を務めていた男子バスケットボール部の部員に「サルみたいやな」などと暴言を吐くなどしていたことが市教委への取材でわかった。

 市教委によると、男性教諭は2017~18年8月ごろ、練習中に部員計19人に対し、頭をたたいたり、「あほ」や「ぼけ」などと罵声を浴びせたりした。昨年10月に部員が女子バスケ部の顧問に相談して発覚。男性教諭は顧問を外れ、学校は保護者会を開いて謝罪したという。

 市教委は「厳正に対処したい」としている。