写真・図版

[PR]

 ダイエットのために朝ごはんを抜いたり、忙しくて食べる時間がなかったり。朝ごはんを抜くことは、体にどんな影響があるのでしょうか。

 「朝食を抜いても、ダイエット効果は期待できない」と話すのは、名古屋大の小田裕昭准教授(時間栄養学)だ。朝食を抜けば、かえって太りやすい体質になる恐れがあるという。

 小田さんらはラットの実験で、朝食を抜くと、体脂肪がつきやすくなることを確認した。体温が高い時間も短くなっており、体温調節に関わる体内時計が乱れたとみられる。さらに調べると、脂質の代謝を担う体内時計も乱れていた。朝食を抜くことで、エネルギーの消費量が減り、脂質の代謝も乱れるため、脂肪がつきやすくなる、とみられるという。

 人間でも、朝食を食べない人た…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く