[PR]

 自民党の二階俊博幹事長は7日、東京都内のホテルで自民東京都連の高島直樹幹事長、内田茂前幹事長と会談した。次期東京都知事選で小池百合子知事の支援を表明した二階氏の発言が都連の反発を呼んでおり、融和を図る狙いがあったとみられる。

 高島、内田両氏は都連の実力者。会談は、二階氏側が呼びかけた。出席者によると、同席した二階氏側近の林幹雄幹事長代理が二階氏の小池氏支援表明を念頭に「お騒がせしております」と述べると、高島氏が「激励と受け止めています」と応じたという。

 会合後、自民党本部で二階氏と高島氏がすれ違うと、にこやかに握手をかわした。党関係者は「この話はこれで終わりだ」と述べた。二階氏は6日、与党幹部に「もう発言しない」と伝えており、都連側の反発の早期収拾を図る考えだ。

 一方、都連前会長の下村博文・元文部科学相は7日の派閥会合後、記者団に対し、二階氏が小池氏の支援理由に「実績」を挙げた点について「小池知事の実績が問題だからこそ、都議会で議論している」と反論。「都知事選には自民党の推薦する候補者を出すのが当然だ。小池知事の推薦はあり得ない」と強調した。(明楽麻子)