[PR]

 きょう8日は国際女性デー。男女の格差がなかなか解消しない日本では、女性に対するステレオタイプも残る。「女性は文系が得意で理系は苦手」はその一つだが、実態とは全く違う。

 2018年度の文部科学省学校基本調査から大学の学部別合格率を計算してみると、文学部、法学部など人文・社会科学系学部ではすべてで女性の合格率が男性を上回っている。

 さらに理科系でも、医学部を除いてすべての学部で女性が上回っている。理学部では男性の合格率が11・16%に対し女性は11・65%。工学部でも、男性は11・18%で女性は11・44%だ。農学部、歯学部、薬学部、看護学部ではさらに女性の方が高かった。ただし、医学部は男性6・62%、女性5・73%だった。

 日本女性医療者連合の種部恭子理事は「これまで男性が得意とされていた理系、とくに工学系は女性の活躍が目覚ましい。女性は極めて現実主義で、しなやかに必要なものを作り出すことが得意だ」と話している。

 実は、累計販売数が6千万体を超えるという「リカちゃん」人形は、1967年の発売当初、「算数が苦手」というキャラクター設定がされていた。タカラトミー広報は「リカちゃんは、常にその時代の世相を反映しながら商品を展開している。当時の子どもたちが親近感を抱く設定として、考えられたものだと思う」と話している。

 現在のリカちゃんは、「あかる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。