[PR]

 人気ロックバンド「B’z」のギタリスト・松本孝弘さんから「音楽を志す学生を応援したい」と寄付を受けた出身地の大阪府豊中市は、軽音楽部がある市内7高校に楽器や機材を贈った。豊中市中桜塚4丁目の府立桜塚高校で7日、贈呈式があり、生徒たちはB’zの曲を演奏して感謝の思いを伝えた。

 市によると、松本さんはステージで使っていたスピーカーキャビネットをサイレントオークションに出品し、落札額(非公開)をすべて寄付にあてた。市は、桜塚、千里青雲、豊島、刀根山、豊中、大商学園、梅花の7高校の軽音楽部からそれぞれ要望を聞き、キーボードや電子ドラム、デジタルシンセサイザーといった楽器や機材を贈った。

 贈呈式には、7校の代表者ら約100人が出席した。長内繁樹市長が「B’zを超えるようなトップアーティストをめざしてください」と述べ、各校の代表に目録を手渡した。

 続いて、桜塚高のバンド「桜塚…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら