[PR]

 一夜に10万人が死んだ東京大空襲から10日、74年。当時、孤児になったり、けがをしたりした高齢の被害者はいまも傷がうずく。

 「虐待の記事を読むのが一番いや。親戚をたらい回しされ、『親と一緒に死ねばよかったのに』と言われた時を思い出す」。茨城県鹿嶋市の吉田由美子さん(77)は最近の児童虐待事件を自らの体験とだぶらせ、心を痛める。

 当時3歳。現在の墨田区業平に住んでいた。前日の9日夜、「疎開準備のじゃまになるから」と同区横川の母の実家に連れ出され、数時間後に空襲が始まった。自身は叔母が守ってくれたが、両親や生後3カ月の妹を亡くし、孤児になった。両親の顔も覚えていない。食糧難の戦中戦後、親戚宅で厄介者扱いされた。

 両親が亡くなっていたことを知…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら