[PR]

 「最後の冬を楽しみましょう!」――。「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」(実行委など主催、朝日新聞北海道支社など特別後援)が7日、夕張市で始まった。29回目となる今年、JR石勝線夕張支線の廃止、最後の冬開催という転機を迎え、華やかに幕を開けた。

 夕張支線が4月1日に廃止されるのを前に、特別列車が7年ぶりに編成された。監督や俳優らゲスト約180人が列車でJR夕張駅に到着すると、市民たちは思い思いの仮装や手作りグッズで出迎えた。

 映画祭は積雪期に開かれるユニークなイベントして、全国的に知られてきたが、来年から夏季開催に変わるため、角兵衛獅子姿の新井田久美子さん(71)は「最後の冬なので、これまで着た自慢の衣装で来ました」と話す。

 黄色いハンカチを配っていたの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら