【動画】不用な着物を日傘にリメイクする武田たか代さん=三沢敦撮影
[PR]

 不用な着物の生地でつくった日傘の作品展「日傘・花傘・夢の傘」が山口県下松市の市駅南市民交流センター「きらぼし館」で開催中だ。周南市に住む武田たか代さん(75)が作った50点を展示している。作り始めたのは8年前。きっかけは自身の「終活」だった。

 広い窓から春の日差しが差し込む自宅の仕事場。着物を解き、アイロンをかけ、三角形に裁断した生地をミシンで丁寧に縫い合わせる。タンスに眠っていた不用の着物が日傘の布地へと姿を変えていく。

 その布地を竹の骨組みに張って押し広げると、色鮮やかな傘の花がパッと咲いた。「どう? きれいでしょう」。武田さんが満面の笑みを浮かべた。

 雑巾しか縫ったことのない、ご…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら