[PR]

 インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方のインド側ジャム・カシミール州のジャムで7日、州政府が運営するバスが爆発した。インドメディアによると、17歳の少年1人が死亡、32人が負傷した。警察は手投げ弾を投げたとみられる男を逮捕。イスラム武装組織ヒズブル・ムジャヒディンから手投げ弾を入手したとみて調べている。

 2月14日に同州プルワマであったイスラム武装組織ジャイシェ・ムハマドによるとみられる爆破事件をきっかけに、印パ両軍がカシミールの停戦ライン(実効支配線)を挟んで空爆や空中戦を繰り広げ、軍事的緊張が高まったが、関連は不明だ。両軍による停戦ラインを挟んだ砲撃戦も続いていたが、この数日間は沈静化していた。(ニューデリー=奈良部健)