[PR]

 中国の習近平(シーチンピン)指導部は開催中の全国人民代表大会(全人代)で、不正ワクチンなど人々が苦しむ問題の解決や生活の向上をアピールしている。だが、政策に意見を反映させたいと願う人々の口は封じられ、訴えは指導者たちに届かない。

 質の低いワクチンがたびたび問題になってきた中国では昨年も、吉林省の製造会社の狂犬病ワクチンに製造過程で記録の偽造などの不正が発覚。全人代はワクチン管理法案を審議中だ。国家薬品監督管理局の焦紅局長は11日の会見で「監督を強化し、問題があれば厳しく調査する。目標は国産ワクチンに対する信頼を高めることだ」と強調した。

 だが、李克強(リーコーチアン)首相が政府活動報告で「人民の生命と健康の防衛線を断固守る」と訴えた5日、河南省から北京に来ていたワクチン被害者の母、何方美さん(33)は地元当局に連れ戻され、騒動挑発罪で15日間の拘留処分を受けた。

 2月末から政府の関係部門などでほかの被害者家族らと陳情や抗議を続け、4日に北京中心部の王府井で募金活動をしていたところを拘束された。

 2歳の娘は昨年受けたワクチン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら