[PR]

 AKB48グループの運営会社のAKSは7日、新潟を拠点とするNGT48の前劇場支配人の今村悦朗氏を契約解除し、AKB48劇場支配人の細井孝宏氏も退任させると発表した。AKB48の元劇場支配人が6日、今村氏、細井氏と談笑する写真とともに「色々聞いた。みんなぐたらない報道に惑わされないように」(原文まま、現在は削除)とSNSに投稿していた。

 NGT48メンバーの山口真帆さんの自宅に男2人が押しかけるなどした問題をめぐり、AKSは1月、今村氏を劇場支配人から交代させていた。AKSは「NGT48に関する事案について第三者委員会にて調査中であるにもかかわらず、立場ある人間が不適切な行動をしてしまった」と判断した。今村氏は事件後に説明していないことに対してファンから批判があり、さらに問題が解決されていない中での投稿に批判が高まっていた。

 AKSは「この度の一連の騒動において、多くのご批判の声を頂いているところ、ツイッター投稿に関してもさらにご叱責(しっせき)を頂いております。こういった皆様からの声に真摯(しんし)に耳を傾け、ファンの皆様にもう一度心から愛されるグループを目指し、自らを変革して参りたいと存じます」としている。

 男2人は暴行容疑で逮捕された後に不起訴処分となったが、事件に他のメンバーが関与した疑いもあり、弁護士をトップとする第三者委員会で調査が行われている。(加藤勇介)