[PR]

 学校の体育着、通称ジャージー。世代によって長ズボンの裾がキュッとすぼまっていませんでしたか。そして、見た目を少し恥ずかしく思ったことはなかったでしょうか。現在のジャージー事情を街で尋ねてみると、アラサー記者には驚きの結果が。メーカーにも絶妙なフォルムの理由を聞いてみました。

 27歳の記者が中学生の時、すぼまり裾を誇りに思わない学生は、まくり上げたり切ったりしていました。対して我が母校の裾は、ストレート型。近隣から購入希望が相次いでいました。

 この現象は地元・福島だけかもと確信が持てず、取材で訪れた東京都足立区の竹の塚で聞き込みました。港区の私立中学からの帰りだという河内諒人さん(15)は「裾? 別にすぼまっていなかったですね。ファッション重視なのでジャージーは部活でしか着ないです」。一方、別件で訪ねた石川県小松市で聞くと、会社員男性(32)は「中学の時はキュッとなっていた気が。今思うと格好良くはないですが、当時は周りも同じだったので、そこまで感じませんでした」。やはり、同世代は知っていました。けれど、あの裾は消えてしまったのでしょうか。

 制服メーカーの「トンボ」(岡山)に質問しました。

 すぼまりは「1980~90年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら